HOME > カスタム事例紹介 > 中空軸の黒アルマイト化

中空軸の黒アルマイト化

μDDモータの中空軸を黒アルマイトに変更することができます

MDH(12)-4006 中空軸に黒アルマイト化
注:写真はMDH(12)-4006の黒アルマイトシャフト

  レーザー光の反射抑制効果

レーザー光の波長検査ではモータシャフト内にレーザー光を通し、モータ端面に波長板を取り付けることで任意の波長を取り出すことができます。
その際、シャフト内壁面が銀色では、レーザー光を反射してしまい評価がうまくいきませんでした。
そこで、モータシャフトをアルミ材に変更、表面を黒アルマイト処理することで、レーザー光の反射を抑制することができます。
※標準品のSUS材に対して、負荷荷重が低下しますのでご注意ください。



レーザーイメージ.jpg






 レーザー光の波長測定に最適


本カスタムはレーザー光の波長成分測定をはじめとして、レーザー光の偏光装置等にも効果的です。


 

本カスタムご希望の方はお気軽に申し付けください。


Contactお問い合わせ

お電話でのお問い合わせはこちら

042-746-0123

受付時間:平日9:00~17:30